トランクルーム経営について

市場成長が見込めるトランクルーム

少ない投資額で始められ、かつ管理コストが少なく、利回り率も高いことから、トランクルーム経営で不動産活用を行うオーナー様が増えています。
抑えておきたい5つのポイントをご紹介します。

利用者にとってのトランクルームの魅力とは?

当社が提供するトランクルームの「マイキューブ」は、収納スペースをレンタルするサービスです。
かつては「貸倉庫」、「コンテナ」という名称で企業様の利用が多かったトランクルームですが、現在は個人様の利用が活発で「マイキューブ」も大半は個人様にご利用頂いております。
家具や衣類、趣味のスポーツ用品やレジャーグッズ等、収納する物に制限が少ないトランクルームはお客様の用途によって「もう一つの保管庫」、「家の外にあるクローゼット」と姿を変え、暮らしに根付く魅力的なサービスとして発展を続けています。
万全のセキュリティ対策で24時間いつでも荷物を出し入れできる点もトランクルームサービスの大きな魅力と言えるでしょう。

トランクルームの魅力(写真)

日本はまだトランクルーム不足。早期参入で安定した成長が見込める!

本国アメリカでは1970年から広がりを見せるトランクルームですが、日本での本格普及は2000年過ぎから。以後、リーマンショックなどの不景気のあおりを受けても毎年10%以上の成長を見せてはいるものの、「トランクルームを使いたい!」というニーズに応え切れず、供給が不足しているのが現状です。
2013年の市場調査によるとアメリカでは10世帯に1世帯が利用しているトランクルームが、日本では使おうと思っても152世帯に1つしか使えないほど数が不足しているのです。
トランクルームの国内成長は左の図のようにアメリカと同様の成長曲線をたどっていくことが予想されています。つまり、「ニーズが多いが供給が少ない」今がトランクルーム経営に参入するチャンスなのです。

安定した成長が見込めます(写真)

低リスク!高利回り!

トランクルーム経営の特徴として、最大のポイントが「低リスク」と「高利回り」です。トランクルームはその利便性から利用満足度と継続性が非常に高く、当社の年間稼働率は平成25年10月~26年9月で91.26%を達成しております。
またアパート・マンション等の他の不動産投資と異なり、トランクルームの老朽化や多少のキズ等は運営上サービスに支障をきたすことが少なく、入退去時の修繕費が少額で済みます。人が居住せず、通常の不動産のように水回り等のコストがかさむこともなく、建設コストもかからないため、低投資での事業スタートと高利回りを実現することが可能となるのです。

当社トランクルーム稼働率(図)

古いビルでもOK!維持費も低くトラブルが少ないため運用もラクラク!

トランクルームは建物の築年数に入居率が左右されませんので、現在お持ちの物件の築年数を気にすることなく運用が可能です。空室の多い事業用ビルやマンションの一階のテナント部分等を有効活用しませんか?ドアや看板等の最低限の改修はあっても、マンションの様に共用部が少ないため維持費の節約も可能。投資額を抑えてトランクルームの出店が実現できます。
利用者との契約は「使用契約」となるので立ち退き等のトラブルに発展することが少ない点も運用上のメリットの一つ。改修頻度が少なく、電気・ガス・水道の手配やゴミの管理も不要。
利用者の入れ替わりも少なく空き室リスクも分散でき、安定した収益を確保しながらの運用が可能となるのです。

古いビルでもOK!維持費も低い!(写真)

誰でもオーナーに!投資対象としての注目が集まっています!

トランクルームの経営は利用ニーズの高まりはもちろん、「低リスク」、「高利回り」、マンション・アパート経営に比べ失敗のリスクが低いという点からもメリットが非常に高く、現在投資対象としての注目が急速に高まっています。トランクルームを運営する各社が軒並みオーナーを募集しているところからもその注目度の高さが伺えます。土地、空きビル、空き室等の不動産物件の有効活用の手段として、そして投資対象として、副業として等々。物件がなくても条件が合えば誰でもオーナーになれる時代です。日本でさらなる成長を見込まれるトランクルームの運営を開始するのは今がチャンスです!

誰でもオーナーに!(写真)

次の情報を見る

相談無料!資産を有効活用しませんか?

0120-126-727

受付時間 10:00~18:00
(月~金/土日祝は休)

ご相談・お問い合わせはこちら